証券会社を探す|不動産投資信託をはじめよう!

不動産

有望な投資商品です

マンション

上場不動産投資信託は徹底的に空室リスクを小さくすることができています。その大きな理由は、管理戸数の多さです。ファミリータイプマンションなどの住居系の上場不動産投資信託の場合、その管理戸数は数千戸にもなります。

読んでみよう

選ぶのは簡単です

タイプを絞ろう

マンション

中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件で不動産投資することに興味を持っているものの、なかなか勇気が出ないようであれば、まずは上場不動産投資信託を買ってみましょう。上場不動産投資信託は実物不動産での不動産投資におけるウィークポイントを見事に解消しています。まず、投資物件を探す必要がありません。投資物件の選別は運営会社が行ってくれます。投資家は50を超える銘柄の中から気になるものに投資をすればよいのです。50以上もあると悩んでしまいそうですが、マンション系なのか、オフィスビル系なのか、それとも物流施設系なのか、これらに万遍なく投資している総合型なのか、といった具合に、まず大枠を決めてしまうと選ぶのが非常に簡単になります。

他の人もやっています

次に売買契約が非常に楽です。契約書を交わしたり、登記をしたりする必要がありません。そのため、これらに要する費用もありません。上場不動産投資信託は証券会社を通じて注文を出すだけで手続きは終わりです。成行注文であれば、即座に売買が成立しますし、指値注文であれば、希望価格になった時点で売買が成立します。多くの人がすでに投資をしているという点もこれから投資をする人には安心感を与えます。実物不動産の場合には、同じものが2つとないため、その投資物件に投資をすることが正解かどうかはやってみなければわかりません。しかし、上場不動産投資信託であれば、すでにその銘柄を保有している投資主がいます。大投資主は公表されていますので、投資主を確認して選ぶのも良いです。

投資で副収入を作ろう

住宅

休日にアルバイトをしたり、インターネットオークションに参加して副収入を作っている人は少なからずいます。株式市場で売買できる上場不動産投資信託に投資をすれば、時間や手間をかけることなく、簡単に副収入を作ることができます。

読んでみよう

大きな流れを掴もう

グラフ

忙しくて資産運用の時間をなかなか作ることができない人は上場不動産投資信託を持ちましょう。株式投資とは異なり、投資口価格は比較的安定しています。また、不動産賃貸が主体なので、業績の安定度もかなり高いです。

読んでみよう